スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSXでDVDvideo作成

OSX snowlorpard を使ってます。が、それは置いておいて。

1、2年ほど前までは、OSX でDVDオーサリングをしようとすると、なにがなんでもiMovie になってしまい、特にAVCHDをなんとかしようとするとmp4やMOVに変換しないとどうにもならんという状況で非常に疲れていました。
私の古いMacbook、非力なので変換に時間がかかるし、編集も「出来ます」という程度で、快適からはほど遠い。

さらにiMovieは、美しく仕上げるのは得意ですが簡単にちょいと、というのが苦手っぽい。
メニューなんかあってもなくてもいいから、これとこれとこれをつなげてDVD-videoになってればいいから、というだけのために、何時間ものmp4やらMOV変換なんかやってられません。
もうどうしようもない・・・と思っていました。

ところがこの1年ほど?の間にずいぶん事情が変わったようです。
(それとも昔からあったのでしょうか・・・)

DVDvideo OS X 動画ツール などのキーワードで検索すると、有料無料合わせていくつかのOSX用オーサリングソフトが見つかるようになりました。(私は ココ で見つけました)

どれもAVCHDや、あるいはその動画データ本体のMTS形式に対応しています。

というわけで今回、DVDstyler というフリーのソフトを導入してみました。
MTS形式をTS+音声に分解するためにどうしても形式変換は必要ですが、それも含めて全自動で行けます。
ちょっとしたメニューを作ってダラダラと素材の動画を並べるだけというお手軽オーサリングが、まさにお手軽に出来ます。

このお手軽が以前は出来なかったのですよねぇ。
なんだか狐につままれたような気分です(笑) 良い意味で。
いやはや、らくちんらくちん。作者の方、どうもありがとうございます。

・クロスプラットフォームのDVD作成アプリケーション:DVDstyler

AutoIt3で自動操作記録をとる前に

AutoIt3 で マウス&キーボードの自動操作記録をとる前に、
AutoIt3 のアーカイブに入っているサブセットではなく、
SciTEエディタのフルインストールが必要です。

それから、MSVCR100.dll というライブラリが必要です。
たとえばココとか。
http://jp.dll-download-system.com/docman/m-dlls-not-system-/msvcr100.dll/details.html

それでだめならココとか。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=a7b7a05e-6de6-4d3a-a423-37bf0912db84&displayLang=ja

その後は http://blog.livedoor.jp/blackcode/archives/1472036.html で示していただいている通りの、こんな感じで。

AVCHDって

しばらく前にホームムービーをAVCHDのSDカメラに変えた(前のが壊れた…)んですが、
AVCHDって、ディレクトリ構造まるごと保存しないといろいろ扱えないんですね。
サムネールとか撮影日付とか、カメラメーカーにも依るようですが、とにかく動画ファイルひとつだけ保存しても
役に立たない、ということが買ってひと月経ったいま、ようやくわかりました。
なんてハンドリングの悪い…
おまけにそのディレクトリ構造が分割出来ない。バックアップする時にざっと粗く分類して…みたいなこともやりにくい。
とにかく丸ごとPC(Macだけど)にコピーしてから落ち着いていろいろ整理しよう、ということが出来ないのね。

こちとらOSXだもんだからそれ以外にも編集ソフトを選ばないとならないとか(Windows 7はサポートがあるらしいが)の問題もあるんですが、それ以前の問題ですよ、これは。

Googleマップの「フチ」が邪魔な件

ずっと、Googleマップのツールバー的エリア(住所検索したりする部分)はじゃまだと思っていました。
左側のエリアは閉じられるのに、なんで上側は閉じられないんだろう?と。

ノートとか、画面の狭いPCを使ってると、やたらと横に長い地図しか見られなくてとても不便。

ずっと不満だったんですが・・・ふと検索してみると、こういう事をやっている方が。
http://pub.ne.jp/seagate/?entry_id=551095 (Open in New Window)

これこれ、こうでないといけません。>Googleマップの見てくれ
CSSで実現可能ということなので、ローカルファイルに htmlとCSSを用意したら出来るのかな。
すくなくとも、地図最大化の方だけは。

ありがとうございます >SeaGateさん

Parallels desktop for Mac 経由で Mac→Windowsのファイルコピー

Parallels desktop を介して、MacとWindowsのファイルをやり取りすることは出来ます。
これは、Macの内蔵HDDとWindows on Parallels の仮想Windowsディスクの間なら、
なんの問題もなく出来ます。

それでは問題です。
Q. MacのUSB外付けHDD から、Parallels 上で動く Windows の外付けHDDにファイルをコピーできるか?

parallels のFAQを見ると、Parallels で動く Windows で Mac OSXが認識するHDDをマウントは出来ない、
とあるので 出来ないのか・・・と一瞬思ってしまいますが、OSX は外付けHDDを認識しているわけで、
なぜ出来ないのか?と。

結論を言えば、する方法が(やっと)見つかりました。

Parallels の "Virtual Machine" メニューの "Configure..." で、ダイアログを開き、[Options]タブ(?)を開いて、
左のリストから "Shared Folders" を選んで、"Share these Mac folders: " を "All disks" に設定します。
(あ、私のは英語版なので、日本語版の人は適宜読み替えて下さい)
そして[OK]。
OSX 用の外付けHDD(名前をEXT_HDDとする)を接続して Parallels を立ち上げ、Windows on Parallels
が起動したら、WIndows用のUSB外付けHDDを接続。

しかるのちに、Windows デスクトップ上にある Parallels Shared filderフォルダをクリックし、”Host"のアイコン
をクリック。この”Host"は、OSX の起動ディスクのrootディレクトリを指してます。
そしてこの"Host"から、Host\Volumes\EXT_HDD と辿ると、OSXが認識中のEXT_HDD の中身が見える。
Windows 用の外付けHDDはもちろん Windows から認識可能なので、めでたく二つの外付けHDDに同時に
アクセスできる、というわけです。

あぁ長かった!(^^;

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。