スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いきつねが好き

カップラーメンに思い入れがあるわけじゃないんですが、時々カップ焼きそばとか食べたくなったりしませんか。あれは焼きそばとはまた別の食べ物なんでしょうね。
ジャンクな食べ物の魔力な魅力。

そんななかで 赤いきつね は、私の中で別格な位置づけにあります。実家はあまりカップ麺を食べなかったんですが、そんな家でもこの日だけはカップ麺という日が1年に1度くらいありました。

それは避暑地に到着した朝。

祖父祖母が軽井沢に別荘を建てましたが当然個人で管理人を置くほどの資産家では無く、20年ほど前(バブルまで)はそれほど開発が進んでいなかったので外食するといっても場所はなく、そもそも関越道~信越道が存在しなかった頃は払暁に出発して5,6時間掛けて朝食の時間ごろに到着、と、まさに大旅行でした。で、着いて最初にやることは室内/外の掃除。

まず締め切っているのにどこから入ってくるのかわからない虫の死骸をホコリと一緒に掃き出して、軽くふき掃除。その間にお湯を沸かして・・・丁寧に食事を作るヒマも家から食材を持ってくるほどの余力(^^;もありませんので、途中の横川で買った「峠の釜飯」でお手軽に朝食。それで足りない欠食児童はカップ麺をプラス。

で、そのときになぜか私は 赤いきつね 一辺倒でした。理由を忘れてしまいましたが、釜飯に「カップヌードル」では合わないとか思ったんでしょうか。
とにかくその、到着して一仕事終えたほっとし雰囲気、冷たい高原の朝の空気とちょっとぬるくなった釜飯と熱い赤いきつね、のイメージは擦り込まれてしまいました。もうきっと一生とれない(^^;

旨いと思っている(余計な味がない。シンプル)というのもありますが、私の中ではカップ麺は 赤いきつね と その他 に分類されている・・・ような気がします、気のせいかも。

最近は安く売っていたり、大きつねがあったりで、ちょっと嬉しい。


・・・あれ?こういうコトを書きたかったのかな? どうだったのかわからなくなりました(笑)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/95-9de418c9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。