スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計、目覚まし時計

目覚まし時計や時計表示のアプリは、いくらでもありそうで、意外にしっくり来る物が少ないですね。
いくつか試してみて、これはと思えたのは以下の2種でした。
えー、フリーウェアしばりです(笑)

  • GSAlarmClock Ver1.20
    国産です。exeサイズが39.5KBととても小さいですが、目覚まし時計機能は十分に揃っています。WAVファイルなら自分の好きな音を鳴らせます。

    W-Zero3 ユーザに嬉しいのは、Built-in BEEP sound(デフォルトのアラーム音)ではないでしょうか。音質のおかげなのか、W-Zero3 の貧弱なアンプからとは思えないほどの目覚まし時計らしい大音量でジリジリ鳴ってくれます。スヌーズの繰り返し回数と時間間隔も指定可能。「ダンダントーン(アラーム音がフェイドイン)」の指定も可能。

    単に立ち上げておくと、わりと視認性の良いスッキリしたデザインのデジタル時計になります。
    が、フローティングウインドウで表示するので他のアプリの裏側に回すことが出来ないのが場合によってはジャマかも知れません。


  • LoneWolf Design WolfClock Ver 3.0
    もう古いソフトですが、時計からアラームから、ひとつでオールマイティーにこなせるソフト。
    インストールすると「古いOS用だから動かねぇかもしんね。えぇのけ?」と聞かれますが大丈夫(の様子)です。
    円周に並んだ○の上を●が動いていくというアナログ的デジタル時計+デジタル数字表示。日付も出ます。ちょっとレトロモダンなデザイン?なの??かな??? 人によってはダメなデザインかも知れません。私はぎりぎり許容範囲・・・(笑)

    exeサイズは272KB。で、背景用のjpgや時報チャイムやアラーム音用ファイルも同梱されているので、全体では結構メモリを食います。環境が決まったら適当に削除するのが良いかも知れません。
    「おやすみタイマー(音を鳴らして指定時間後にOFFする)」や「ダンダントーン」の機能もありパラメータを結構細かく設定できます。が、音関係は全部WAVファイルですか?古いししょうがないか?(^^; 曜日によって目覚まし時刻を変えるプログラムも可能。

    梱包が Windows用のexeファイルです。Windowsさえあれば exeを実行して、ActiveSync のディレクトリ(フォルダ)の中にできる WolfClock フォルダからCABファイルが入手できますが、Mac使いにはチト面倒・・・

    それから同梱されている背景画像が今ひとつ日本人好みでないというかなんというか・・・萌える絵でも入れたらいいかも知れません :-p 、jpg ファイルの様なので。


どちらも、
PocketPCFreewares http://www.pocketpcfreewares.com/en/index.php?cat=16&sortby= にあります。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/55-d832d178

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。