スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖ペイ・パー・ビュー

『コデラのブログ』から

日経新聞によれば、政府の規制改革・民間開放推進会議で、公共放送は報道などに限定すべきだという見解を示したそうである。

なんとも短絡的な、と思う。もちろん報道におけるNHKの役割は重要であるが、放送事業においてNHKが担っているユニークなパートとは、日本文化の維持・伝承なのではないか。

元の“見解”なるものをまだ読んでいませんが、コデラさんの論旨に賛成。

それにNHKが報道(コデラさんの論旨とは違ってニュース番組一般の意味で)番組しかやらなくなったら、見るべきTV番組が激減しちゃうから困ります(笑)特に東京地方では。(他地方の番組はよく知らないので)
私にとっては偏向していようが無駄遣いしていようが(本当は困るが)少しでも視聴に値する番組をコンスタントに提供してくれているのはNHKだけです。まさにそのために受信料を払っていると言っていい。

将来ケーブルTVやデジタルTVの普及によってチャンネル数が激増し、いよいよペイ・パー・ビュー(pay per view 支払って視聴する)時代到来、とか言われてますが、NHKってのはつまり_その先駆なのです_ね。

「日本文化の維持・伝承」・・・例えば落語や歌舞伎の放送など・・・に関して別のトラックバックでは「視聴率が悪い番組を作ってどうする?」論が紹介されていますが、私もわざわざ視聴率が悪い番組を作れと言うつもりはありません。
でも、まだまだ売れそうもなさそうな題材を売れるように持っていくまで“粘る”とか、今流行りのロングテールの発想で(?)視聴率が低くても常に一定の視聴者がいる番組をキープする、というのが立派な企業活動だと思うし、そうする力と義務が全放送局にはある。で、それを自分の判断で(スポンサードではなく)実行できるのがNHKの良いところ(でもあるし怖いところでもある)ではないかと思います。

というわけで、私はNHKがベストとは思いませんが他の(在京)局よりははるかにマシということで、頑張って欲しいと思って視聴料を払うわけです。

それにしても、TVよりラジオ(特にAM)の方が絶対おもろい。特に在京キー局で比較すると。
FMは一時の勢いが無くて最近はイマイチです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/51-cc98b968

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。