スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしき単体バックアップ

いままでにW-Zero3用にオンライン・ソフトを3個ほど買ったのですが、その中に Sprite Backup があります。データベース(DB)やアプリケーション、自作ファイルなどの環境をごっそり外部メモリ(W-zero3 の場合は miniSD)にバックアップできる代物です。

最近、どうもTCPMP の動作が変だったりハングアップしたり、他のアプリも今ひとつ「?」な場面が増えた(アプリを入れすぎだっつの)ので、フォーマット(リセット)を実施しようと思いました。で、SpriteBackup で採ったバックアップを、はじめて活用することになったのです。

これがスバラシイものでした。

思いつく限りのファイル、データ、レジストリが全部バックアップ可能。バックアップからレストアする時は、ディレクトリやアプリケーションなどをある程度細かく指定して復旧出来ます。DBだけ戻してレジストリは戻さない、入れたら変になったアプリは戻さない、なんてことも可能。
その結果、フォーマットした後の復旧は 1.5H→15min に劇短!
これが3000円程度とは(T-T)感涙です。
残りの2つのオンラインソフトの使用感に「?」な感じがつきまとうだけになおさら・・・(笑)。

Macユーザなんですが、もうActiveSyncなんて羨ましくありません。
単体ですぱっと環境を復旧!
もう動作不安定なんて怖くない。
ポイントは、miniSDの方に SpriteBackup をインストールしておくこと。でないと、せっかく採ったバックアップを使えなくなりますから。Authorized codeの控えを取っておくことも大切です。

(・・・ところで、どこかで SpriteBackup は、自己解凍形式のバックアップも作れるという話を読んだ気がするのですが、やり方がわからないんですよねぇ・・・)

それで。

フォーマットしたら、お約束のように動作速度が上がりましたよ(^-^;。
でもTCPMP の動作が不安定なのは相変わらずです。なんでっ?!(-_-||l
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/48-9c1ff0a9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。