スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSX snowleopard の mds 暴走について

最近、MacBook with Snowleopard のファンが止まらなくなったな、と思ってアクティビティモニタ.appで見てみると mds というプロセスがCPUパワーのほぼ100%を使っている・・・

という状況でした。
ネット検索してみると、プロセスをkillしてみる、とか、Spotlight のインデクス作成が問題だ、とか、アレとかコレとかのファイルを消してみろ、とか、いろいろ情報があったんですが、どの処理も芳しくなかったです。

私の場合、効いたように思えるのは−−−いろいろやってみた後だったので本当かどうかわかりませんが−−−ログイン項目の SpeechSynthesisServer を「隠す」にしたこと。
つまりこれを起動しないようにしたら、暴走が止まったようです。

副作用はわからないんですけれども(^^;

日本語?のインデクス処理に問題があるようなので、言語関係の処理を省いてみたら改善するかなと思っただけなんですけれどね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/381-eff3869f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。