DVDオーサリング(兼DVD形式変換)ソフトを探していましたが

ぐるっと回ってiDVDに戻って来てしまいました。
なんてことでしょう(苦笑)

結局MTS(AVCHDのデータファイル形式)をそのまま扱えるオーサリングソフトはフリーではないようだし、
だからffmpegでの変換を1回は実施するわけで。
画質もウチの民生機はDVD(not BL)なのでぼちぼちでOKだし。

するとffmpegでmp4なりmpegなりに変換しておいて、iDVDに食わせればいいんじゃない?と
いうことに。
iMovie(特にiMovieHD)と違ってiDVDが扱える形式は結構広いです。
特にいろいろなフィルタや変換ソフトがサポートしているmpeg4が扱えるのが強いですね。

ということで元MTS→ffmpeg→mpeg4ファイル→iDVDに読み込み→*.iso形式またはDVDに焼く、
という手順に落ち着きま・・・落ち着きそうです。
というのは今、最後に本番をテスト中なので、これでコケたら訂正します:-p

ffmpegの変換コマンド(アスペクト16:9の画面を普通のDVDに焼く場合):
ffmpeg -i 入力ファイル名 -vcodec mpeg4 -s 720x480 -aspect 16:9 -b 8000k -acodec libfaac 出力mp4ファイル名

出来たmpeg4を、iDVDでテーマを選んだ後、チャプタ(メニュー)にメニューの「プロジェクト」から「ムービーを追加」を選び、そこへFinderからファイルをドラッグ&ドロップ。
これでメニュー付きのDVD-videoが構成出来ます。

[追記]
ffmpegのコマンドラインは、
ffmpeg -i 入力MTSファイル名 -vcodec copy -acodec libfaac 出力ファイル名.mp4
が良さそうです。
MTS → mp4 変換が早いのと、iDVDの作業に移ってからの変換時間もまぁまぁです。
まぁまぁといってもiDVDのエンコード時間は動画再生時間の3倍程度かかるようですが、ffmpegとiDVDのトータル作業時間は最短になりそうです。
(他のパラメータだとffmpegで動画再生時間の2倍、iDVDで同様に2倍、といった感じ)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/379-71a70955

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99