OSXでDVDvideo作成

OSX snowlorpard を使ってます。が、それは置いておいて。

1、2年ほど前までは、OSX でDVDオーサリングをしようとすると、なにがなんでもiMovie になってしまい、特にAVCHDをなんとかしようとするとmp4やMOVに変換しないとどうにもならんという状況で非常に疲れていました。
私の古いMacbook、非力なので変換に時間がかかるし、編集も「出来ます」という程度で、快適からはほど遠い。

さらにiMovieは、美しく仕上げるのは得意ですが簡単にちょいと、というのが苦手っぽい。
メニューなんかあってもなくてもいいから、これとこれとこれをつなげてDVD-videoになってればいいから、というだけのために、何時間ものmp4やらMOV変換なんかやってられません。
もうどうしようもない・・・と思っていました。

ところがこの1年ほど?の間にずいぶん事情が変わったようです。
(それとも昔からあったのでしょうか・・・)

DVDvideo OS X 動画ツール などのキーワードで検索すると、有料無料合わせていくつかのOSX用オーサリングソフトが見つかるようになりました。(私は ココ で見つけました)

どれもAVCHDや、あるいはその動画データ本体のMTS形式に対応しています。

というわけで今回、DVDstyler というフリーのソフトを導入してみました。
MTS形式をTS+音声に分解するためにどうしても形式変換は必要ですが、それも含めて全自動で行けます。
ちょっとしたメニューを作ってダラダラと素材の動画を並べるだけというお手軽オーサリングが、まさにお手軽に出来ます。

このお手軽が以前は出来なかったのですよねぇ。
なんだか狐につままれたような気分です(笑) 良い意味で。
いやはや、らくちんらくちん。作者の方、どうもありがとうございます。

・クロスプラットフォームのDVD作成アプリケーション:DVDstyler
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/377-30a4dac4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99