スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の手帳

手帳、メモ帳として Moleskine を使ってる。
今のMolesikineは squared pocket classic (hard cover)。
まだ使い切っていない。大体が、1年で1冊使うほどはメモや予定で埋まらないのだ。

のだ、が、またぞろ新しいのが欲しくなった。

実は、最近Moleskineの新作がゾロゾロ出るようになり、アレコレさわっているうちに気がついたのだ。
hard cover は私には使いにくいのではないのだろうか?と。

私はMoleskine の中にあまりモノを貼ったり挟んだりしない。
太らせちゃうとゴムバンドで閉じるとき表紙も折れやすくならない?とか思ったりする。
それに hard coverの方が書きやすいと思っていたし、そもそも買い始めた頃は soft cover がline upされてなかった。

ところが。 soft coverでも書きにいということは無かった。表紙に腰があって意外と大丈夫。
いろいろはさんで太らせても開閉が楽そうなのも悪くない。
それに表紙が薄いということは、ペンをペンクリップで固定することも出来る。
hard cover は厚くて、普通のペンでは挟めなかった。

大体が、私のメモ帳の使い方は超メモ術を参考にしているのだから、
hard cover より soft cover の方が実は使いやすいのかも・・・・・・


とまぁ、いろいろウジウジと考えを巡らしていたわけだが、トドメは soft cover を予定表を繰るつもりでペラペラッとめくった時。
soft cover ってめくりやすい、hard cover ってめくりにくかったんだな。

ということで、昨夜 amazon で squared pocket soft cover をポチッとしてみた。
今までの予定表やメモを転記してみて・・・そのとき、私はどう感じるかな。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/333-8525d7ff

コメント

モレスキンですか!
モレスキンですか!あれはなによりカッコイイですね。
手帳の最高峰って感じで憧れてはいますが買ったことはないんです。

私も方眼好きで、手帳もノートも方眼。可能なら全部方眼で使いたい(笑
文字書きもリストアップも自由な図やフローも一番書きすいのは方眼になりますよね。
そうなんです、モールスキンなんですよ
すみません、最近のモレスキンという呼び方に慣れなくて。発音はモレスキンに近いのでしょうけれどどうせ日本式発音なんだし、「モグラの皮」ならモール・スキンでいいのになぁ、と(^^;;
 >Subject of this comment

外側は真っ黒だし中身も特徴が無いくせに高価なメモ帳なんですが、大きさや質感が絶妙なんでしょうね、浮気しても不思議とモールスキンに舞い戻ります。
soft cover を使ってみて、やはりめくりやすいです。重量軽いし。でも質感はhard coverに
軍配が上がりますし、やはり硬い表紙のほうが書きやすい場面にも出会いました。
この次をどうするか、決めかねますね。(^^;

私が方眼フリークになったきっかけはデルフォニクスのロルバーン(大)で、
数年来ノートも手帳もほぼ方眼です。おっしゃるとおり、きちっと書くときも、いたずら書き
も両方いける自由さがいいです。

今はノートにはコクヨのフィラーノートを使っています。これはA4sizeもあるし安いしで
良いんですが、ロルバーン(XL)が出たので、次はどちらにするかを決めかねています。
A4書類を貼り込みたい(フィラーノート)し、表紙が硬いのが使いやすい(ロルバーン)し。
え!フィラーノート!
ちょっと驚きました。私もフィラーノート使ってますよ!
手近に売ってる店があまりないので、たまにロフトまで行って買ってます。

仕事では、今のところ一番いいのがフィラーノートです。いくつかの種類や使い方を試して行き着きました。
打ち合わせ/会議時にスパイラル綴じを使ってるのですが、
書いたらちぎる。ちぎったら会議内容に合わせて分類して二穴でファイリング。
ノートするのは常に最初のページ。もちろん紙は方眼で。
表紙の裏(内側)には、三ヶ月カレンダーを貼り込んで。書き込むページの隣はいつもカレンダー。
こういう使い方できるノートってなかなか無いですよね。
一つ不満はがあってそれもshi-taさんと同じ、表紙がヤワで腰がないのがちょっと(笑)
おや!まぁ!
案外ファンが多いんでしょうか、フィラーノート。今年春から使い始めたんです。

私は、関心空間 でしりましたが、売っているのを見かけなかったので、川崎・丸善で発注しました。
見開きで使い始めたら、ちぎってファイルが出来ないことが判明して(^^;、1枚で1ドキュメントになるように使い方を変えつつあります。

カレンダーを張り込んでいるところも同じです(!)が、私は表紙ウラではなくて1ページ目に貼っていました。なるほど、表紙裏の方が使いやすそうですね。
http://www.lifehacker.jp/2008/09/2009compactcalendar.html
# ↑ここに紹介されているコンパクトカレンダーを印刷して貼り付けてます。
1ページ/年で印刷したら書き込みスペースが小さいことに気づいて思案していたんですが、metroさんを見習って1ページ/4ヶ月くらいで印刷してみたらいいかもしれません(私の場合)。

表紙の硬さは・・・・・・どうしましょう。ロルバーンの硬さはちょうどいいですね。
カレンダーは
私はココのを使ってます↓

3ヶ月カレンダー(縦3列) 2010年
http://www.pasokoncalendar.com/editor/month3v_form.php

3ヶ月で、横罫線のものです。前後の月がミニカレンダーで付いてて、
何年何月からのカレンダーにするかは、自分で設定できます。

A4をベタっと貼るのも便利なんですよね。それまでは、縮小コピーしてから貼ってました。
(プリンタ設定で縮小設定してからすれば良かったんでしょうけども(笑)
Re:カレンダー
なるほど、この3ヶ月カレンダーは書き込めていいですね。
ご紹介ありがとうございます(_O_)

資料のほとんどがA4なので、A4べた張りは手放せません。ロルバーンだとベタに
貼れないのでどうするか考える手間がかかるんですよね。
結局ほとんど三つ折にするでしょうが。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。