スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボードだったりペンだったり

ちょっと前の記事ですが、伊藤浩一さんが W-Zero3応援団 のなかでこう↓書いています
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20060330#p2
『携帯入力が一般的になってしまいましたが、(中略)両手親指入力(hp打ち)が、パソコンのブラインドタッチくらいの速さで入力できてしまうので、そういうデバイスが便利(後略)』

この記事は、K1さんによる草野すぐり氏の記事↓への感想の、さらに感想なんですが、
http://japan.internet.com/busnews/20060323/8.html
K1さんも伊藤さんも、草野氏による「今後は日本でも携帯端末を両手で打つ方向へとシフトしていくのかも」の部分に深く同意しているようです。
でも、私は、今のような手帳型のPDAを使う限りでは片手打ちが出来た方が便利なシーンが多いです。

この意見の差は、私にはPCで打つような長文を打つ機会があまりないことにあるかもしれません。PDAをメモ帳として(実際、私が一番使うアプリは“メモ帳”です)使う私は、さっと出してメモを残せることが一番大事です。そのため、メモを取るにもPDAボイスレコーダとして使うことが一番多いです。ボタンあるいはタップ一発(か、2発か3発くらい)で記録が残せる。しかも片手で操作できます。とても便利。確かにQWERTYキーボードなら文章を楽に打てますが、両手がふさがるし、キーを打つよりしゃべる方が早い。

とすると、実は片手打ちと言ってもベストではないのです。特にケータイ打ちでは話にならないのです。

ならばPDAにふさわしい入力方法を考えると、それは脳波入力・・・はさておいて(汗)、音声入力じゃないかと思います。
スマートフォンが一般的になって、W-Zero3のような“まないた”を耳に当てていても不思議な光景ではなくなりました。PCに向かってブツブツ言っていると変ですが、PDAに向かってしゃべる光景はありえます。たぶん。(声がうるさい、という問題は依然あるんですが、それはマナーということで)

音声認識ドライバなんてPDAに載るのか?! なんて意見もあるんでしょうが、W-Zero3 って私が7年ほど前まで使っていたMac LCIII よりメモリも周波数もスペックは上なんですよ。あと数年もすればPDAが音声認識するなんてことはジョーシキになっているかもしれません。いそうな気がする。そうなれよ。
PoBOX(今流行の予測入力のはしり)の発案者である増井さんも、(メモリもCPUもどんどん速く)効率よくなるんだから機能を妥協してあきらめたり最適化と称してちまちま詰め込んだりするよりも本当に作りやすい使いやすいことはなにか、ということを見据えた“富豪感覚”が大事だ、と言っています。ああ、音声認識してほしいよう。

実現するまでは、文字入力には両手打ちと手書き文字認識の併用でがんばりましょうか。
あ。僕、わりと手書き文字認識好きなんですよ。最近のは賢くなりましたし。
(でも手書き文字もやっぱり両手が必要なんだよな~・・・)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/31-6de6643b

[覗き窓]脳波入力…理想的です(笑)
キーボードだったりペンだったり [http://tagisuya.blog12.fc2.com/blog-entry-31.html:title=ヤエイズム] この意見の差は、私にはPCで打つような長文を打つ機会があまりないことにあるかもしれません。PDAをメモ帳として(実際、私が一番使うアプリは“メモ帳”です)使

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。