スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反面教師の活用法(正解編)

ライフハッカー[日本版]の記事、>「反面教師」から、正しく学びを得る方法とは
および、そこで引用されている元記事、
ITmedia Biz.IDの>あなたは反面教師に学べるか!? 嫌いな人から学ぶ方法
によれば、反面教師を教師役にするには、反面のままではいけないとのこと。

これはわかる気がします。アレを考えちゃいけない考えちゃいけない・・・と思えば思うほどアレが頭から離れなくなって頭の中がアレだらけになってしまうというのの変形ですよね。
なるほどー。
最初に反面教師の反転=正しい教師像を描いて置いて、それを教師にするべきなんですね。
とすると自分で反省する時も、ヤッチマッタ!ことの反対例=成功した仮想例に意識の焦点を結んでおいて、それを目指すべきなんでしょう。

だから反省しても反省しても同じ事を繰り返すのかー・・・ と、思いました。反省のしかたを変えてみますわ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/300-1baa38ec

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。