スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水から電気~その後 [訂正あり]

※トラックバックURLと記事のURLを取り違えておりました(_O_) のを訂正し、一部語句を修正しました※



水から電気を作る「ウォーターエネルギーシステム」続報、販売権を取得しようとした会社に直撃取材

ってことで、前エントリの水から電気?のその後について、のんびりと考えていたら外界はマウスイヤーなもので、意見が後出しじゃんけんのようになってしまった

・・・・・という話、いえこれは話と書いて「グチ」と読んだ方がよろしいような。そんなものをひとくさり(^^;;;

どこか・・・404 blog not found あたりでしょうか、のコメント欄で、水の分解にMg(マグネシウム)を使ってるんじゃ(w なんて話が出ていたんですが、もしそれがそうであったとして。
アルカリ金属で水を分解して燃料電池を作った、としてですよ。水1Lで3時間走れたりするというのは、知識不足でハッキリ言えないのですが、結構な効率の良さではないんでしょうか?
アルカリ金属+水って、爆発するのが普通だと思っているんですが、反応速度を制御してマイルドに電力に変換できるとしたら、それはかなり有効なエネルギー媒体になるのでは???

『水・・・の他にマグネシウムが必要なんです。実は:-D』 ・・・というのは、「ほれみろ:p:p」な話ではなくて結構使える話なのではないか、と、前エントリの後で思ったのですが、既にそういう方向に話が進み始めているようです。(^^;;; >冒頭のGIGAZINEのエントリetc.


もう少し発熱量を抑えられれば(サイズの問題もクリアできれば)、携帯ガジェットの電源とかに便利に使えそうな・・・要するに、「水電池」ってことで、それはそれで使える技術なのかもしれないです。

・・・この会社の アピールの仕方がどうも「とんでも」的なのがアレなんですが(笑)、でもいいものであると良いですね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/266-3e0cb558

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。