スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママのレパートリーは6種類

6種類て。(笑)
らばQ「イギリスの家庭で一般に作られてる料理は6メニューのみ」(open in new window)

確かに料理することにかける情熱は乏しすぎます、英国人。
料理して旨いものを食べるのは贅沢だ、って幼少の頃に刷り込まれている気がします、英国人。
でも6種類だとは思わなかったなぁ・・・(^^;;;

英国料理がマズイ、と言う話をミミタコになるくらい聞きますが、あれは、料理レパートリーが少ないので、一般日本人だと飽きてしまうというのも大きいのではないかと。味そのものは悪くない・・・場合もある(やや弱)。
私は結構、というかかなり英国の食べ物は好きなんですけれどね。主張すると変人に見られかねないから普段は黙ってます(笑)
でもお茶のお供の類はとてもおいしいのですよ?(パイとかケーキとかね)

林望さんの著書などを見ると、昔(いまのおばあちゃん世代くらい)は旨いものも食べていた=そういうのを作るのが苦にならない人も結構いたように感じますが、この100年くらいの間のどこかで「メンドウクサイ」が勝っちゃったんでしょうね。

私の勘では 第2次世界大戦が怪しい(なんだそれ、どういう断言だ)。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/243-99e7b53f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。