スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HD-DVDをBlu-rayへ無料交換

家電小売大手のエディオンが過去に販売したHD-DVD製品をBlu-ray製品へ無償交換する、と発表したとのこと。


http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080221AT2F2100Q21022008.html

家電量販店大手のエディオンは21日、東芝が新世代DVD規格「HD―DVD」からの撤退を決めたことを受け、これまでに同社のグループ家電量販店で販売したHD―DVD製品について、ソニーなどの新世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」製品に交換することを決めた。交換に応じることで販売店として消費者に配慮する。
2008年2月21日16:00付


ふむ。でも当然、エディオンも損しないことを考えているはず・・・というわけで、記事のリンクを追っているうちに、こんなことを考えました。


前日20日の同日経の記事“ヨドバシカメラ、HD―DVDの販売停止”によれば、


家電量販大手のヨドバシカメラ(東京・新宿)は20日から、東芝が撤退を決めた新世代DVD規格「HD―DVD」製品の販売を停止(中略)ヨドバシのHD製品の販売数は国内有数の多さ(下略)


であって、しかし、


19日当日の記事“東芝HD-DVD撤退発表のその日、家電量販店では”では、


(前略)HD-DVD関連商品の販売を直ちに中止する量販店は、少なくとも現時点ではないようだ。もともとレコーダー売り場ではブルーレイが10数機種並ぶ一方、HD-DVDの新製品は東芝の「RD-A301」のみで、(後略)


となっていて、ヨドバシが大量(最大)在庫を抱えている、と言っても、そういう大手の売り場でもBlu-rayに比べればHD-DVDの流通量の少なさがとても目立つ、のが現状とのこと。

するとエディオンが今までに販売した台数はそれほど多くない可能性が高い。
それどころかびっくりするほど少ないのかも知れない。
いや、実情はまったく全然知りません。
うがった見方かも。
でも商売人ですから、お客様も自分も得をする結論を出したはずです。


もしかするとエディオンはとても良いイメージ戦略を思いついたのかも知れない。
東芝は完全にワルモノのシナリオですが・・・(^^;
思いついたもの勝ちですね。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/223-81d78883

コメント

かといって…
BlueRayが売れてるって訳でもなさそうな感じも。
ウチも欲しくないからなー(どっちも)
TVは旧式ブラウン管だし。DVDで十二分です。
そうなんですよね
Blu-ray でも HD-DVD でも、それほど欲しくないんですよ。
画がきれいだということにプレミア感を持つ人ってそんなに多いのでしょうかね?
レコーダ/プレーヤを作る会社は、映画会社に踊らされすぎてるんじゃないでしょうか(^^;

映画会社は、ソフトを作るんだから、マーケットのmassがそれほど多くなくても継続的に売れてくれればいいのですが、機械はソフトほど回転が良くないし原価も高いですから・・・
もう、機械がビデオデッキが出た頃のように爆発的に売れるとは思えないです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。