スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

radioShark2!~カーボンナノチューブ!(莫迦)

NikkeiBP Tech-ON

カリフォルニア大学,「カーボン・ナノチューブ・ラジオ」を開発
2007/10/19 20:24

 米University of Californiaの研究者は米国時間の2007年10月17日,カーボン・ナノチューブ(CNT)を用いた,AM(振幅変調)で変調した電波の復号回路を開発したと論文で発表した。


くれ!
radioShark につなげるんだ! ・・・って我ながらアフォか。

すごいね。
この回路は CNTを整流器に使ってるというところがポイントだそうだけれど。『復号回路の寸法は「人間の髪の太さの数千分の1」』・・・ふむ。現存のLSI技術で同じ事をやるとどのくらいの大きさになるんだろう、結構小さくできるんじゃないかな。
ま、そんなことよりも カーボンでナノでチューブなところがエラいわけだけれど。

ちなみに、今回実現したその回路は_復調回路_の部分で、アンテナやアンプ、スピーカーは普通品。アンプは別にして、アンテナとスピーカーは小さくできないだろうからしょうがない(^^;

ところで復号回路は decoder で、完全な誤訳ですがな orz
(原文では demodulator )
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/195-ef81d6c0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。