スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんかつ 勝漫(神田須田町)

3月には「次は 梅亭に行きたい」とか書いてますが、5月は食べられず。
で、さらに2ヶ月後の今回は、淡路町の「勝漫」さんへ行ってしまいました。

怖じ気付いて 特ロースカツ定食二千百円也 は頼まず(笑)、
ロースカツ定食千五百円。
それでもとってもおいしかったです。

山盛りのキャベツときゅうりのお新香、赤ダシの味噌汁、御飯が付きます。
卓の上にソース、醤油、塩などあり。
カウンターの上に置いてある緒方拳の色紙が御愛嬌。

カツに何気なくソースをかけて食べたんですが、このソースがとてもおいしかった。ぴりっと辛くて油の甘味を引き立ててしつこさを消してくれます。
関東の中濃ソースをちょっとウスターで割ったような濃度で、これをキャベツにかけてもまた旨い。卓上にはサウザンドアイランド的なドレッシングもあったんですが、このソースの方がキャベツに合うように思いました。
(ドレッシングも悪くはないんですよ)

カツそのものは、厚さが1.5〜2cmほど、大体男性の手ほどのサイズ。
しっぽの方に、いかにもロースらしく脂が厚くついているのが好ましいです。店の中はごま油のにおいが強くて、寝不足でちょっと胃が重かった私は「キビシイかも」と思ったのですが、先のソースの助けもあり、すっきりときれいに頂くことが出来ました。最初は添え物のカラシを付けていたんですが、ソースだけの方がおいしかったです。とんかつにソースをじゃぶじゃぶかけるなんて!と思っていましたが、ここはじゃぶじゃぶかけ食べちゃいました。

参考は例によって『東京のとんかつ屋さん』です。
http://www2a.biglobe.ne.jp/~hmikami/tonkatu/index.htm
「東京のとんかつ屋さん」のおっしゃるとおり、王道のとんかつを頂くことが出来ました。世は満足じゃ(笑)
このカツでビールなんてたまらんなー、きっと。

評価は「味:Super! Cost/Performance:Excellent!」てなところかと。
特ロースカツだとどうなるでしょう。


最後に。
店を出た後も服(って言ってもTシャツですが)にごま油のにおいは付いてました。においが気になる人には向かないかも、です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/14-e6b1f6a4

勝漫
淡路町にあるとんかつの名店。ランチ時は、早めに行っても、遅めに行っても2、3組待ってます。店に入るとごま油のいい香りがします。特ロースは、香りの良い衣と、甘味のある脂が印象的です。特製ソース、ウスターソース、岩塩、柚子胡椒、おろしポン酢、レモン、からし。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。