スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンパ vs. 生身

携帯キャリアが電波の安全性をあらためて「生体への悪影響無し」と主張した、という記事。実験は、ハヤリの捏造ではないしっかりしたもののよう:-)。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0701/24/news055.html

・・・以下の5項目を主要課題としている。

* 細胞の増殖
* 細胞のDNA鎖切断に対する影響
* 細胞のがん化作用(形質転換)
* 遺伝子の働き(遺伝子発現)
* ストレス、および細胞死の誘導(情報伝達)に対する影響

ということですが、これらの課題は生体要素についての影響を調べているに過ぎないことに注意すべきだと思います。
きわめて雑に説明すると、この実験はプラモデル素材のプラスチックの特性を調べている感じ。

でもプラスチックをプラモデルにするにはプレス成型された形が問題だったり、表面仕上げが問題だったりするわけです。
生体でも、細胞にも種類があるわけだし、脳が電気で働いているのは知られているけれどその電気の流れがどういう影響を受けるのか、とか。
部品(細胞)と全体(生体)とは随分違ってくるはず。

この実験結果はひとつの成果だし、これでキャリアが影響なしと「主張する」ということには問題ないけれど、じゃぁ影響がないんだね!ということにはならないと思います。

とにかく現在は、人類史上(恐竜史上ではどうだったのか知らない:-p)もっとも電波密度が濃い時代ということには違いないですから注目していきたいところです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/134-9423534d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。