スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストコへ行ってきた

コストコ卸売市場:-p 金沢シーサイド店(だっけ?)へ行ってきました。
なにやら会員外のパンピーも買い物できるフェアをやっているとかで、奥さんにつきあって。
結構楽しかったです。フードコーナー(あえてフードコートは言わない、言ってやらない)のホットドッグはデカくて良し。味もまーまー。

コストコって「(健全な)ドン・キホーテ」なんですね。いや、ドン・キホーテがコストコを真似たのかも知れません。

天井まで積み上がった商品(卸売屋だから。倉庫だから。)、同じ商品だろうがとにかく隙間を作らないように並べるだけ並べる、激安の商品の隣にほぼ定価の品がそしらぬ顔をして並んでいる、なんてドンキとそっくり。で、その商品の山をみてアドレナリンがどっと出る。ただの品物もあれだけの量があると凶器。物量に勝てない。ふらふら買ってしまいそうになります。キケン・・・というところもドンキと同じ。
ま、商品密度はドン・キホーテの方が高いけれど、こと物量総量はやはりアメリカさんには勝てません(^^;

ああいうハイパーな買い物空間が日常的だとすると、アメリカがエネルギー浪費大国だというのも納得できます。だって、あれだけある物資(もはや商品という感じがしない)を、片っ端から使わないでどうするのさ!同じものを繰り返し使うなんてダサっ!・・・という感じを、普通の日本人の(はずの)私ですら受けるんですから。それも脅迫的に(^^;
最近流行の「モッタイナイ」も、あんな生活が普通の一般アメリカ人には絶対に理解不能な概念だわ。これは確信。

そして、会員権の仕組みも鋭いところを突いてます。
会費は4500円/年なんですけれど、1年後に会員権を更新しないことを宣言するとその会費は戻ってきます。つまり、その1年のあいだコストコを使ってみて満足したひとから、満足費をもらうというカタチ。これは上手い。会費の心配をするのを1年先の遥か彼方まで(^^;待ってくれるというわけです。
客の感覚からすると、今は会費が無料だから今、会員になってみたら!?と言われたのと同等。これは会員が釣れますね。入れ食いでしょう、きっと。

ウチ? もちろん釣られましたよ。会員になりましたとも。 さー1年後が大変だ(笑)

本当にコストコ、よく考えられてます。
フードコー・・・ナーで売られているのがハンバーガーじゃなくてホットドックなのもたぶん・・・・・・という理由からかと。
売られている商品が、いちいちアメリカンサイズでなければ日本でもっと人気が出るかも、出るんじゃないかな、きっと出る。
本当にそれが一番の欠点です、一般の日本土着民には。食いきれん・・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tagisuya.blog12.fc2.com/tb.php/118-dd0bb451

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。