ブレラン2049

登場人物は3種。
人間
人造人間
AI

第1作では、人間は心を持っている という既存概念に対して 人造人間には心があるか? という視点から人間存在への問いかけをしていた、とも考えることができる。
第2作(今作)では、実存するものとしての人間または人造人間には心がある・・・と仮定したうえで、それでは、心だけの存在は存在し得るか? ひいては 心と存在との関係性はなんだ? と問いかけていると、観ることが出来る。

まぁ、つまり、なんですか。
発端は、ジョイちゃんにぐっときた!ってことなんです。演出上ではなくて、作品の本質の上でのジョイちゃんの役割ってなんだろうって思ったわけです。あれだけ出番があるんだから、ただのほのぼの担当ではなかろうと。
スポンサーサイト

ブログに蜘蛛の巣が張ってるな

ブレードランナー2049を観てきたことだし、もう一度ブログを復活しようかな、と。
新ブレラン、よかったですよ。
旧ブレランほどのショックはなかったけれど、掘り下げた感じで。
時間が経ってから、余韻がジワジワと来てます。
ひとつの名作だと思う。

でも、旧ブレランは名作を超えて伝説だから、比べることはできない。

Template Designed by DW99