スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parallels desktop for Mac 経由で Mac→Windowsのファイルコピー

Parallels desktop を介して、MacとWindowsのファイルをやり取りすることは出来ます。
これは、Macの内蔵HDDとWindows on Parallels の仮想Windowsディスクの間なら、
なんの問題もなく出来ます。

それでは問題です。
Q. MacのUSB外付けHDD から、Parallels 上で動く Windows の外付けHDDにファイルをコピーできるか?

parallels のFAQを見ると、Parallels で動く Windows で Mac OSXが認識するHDDをマウントは出来ない、
とあるので 出来ないのか・・・と一瞬思ってしまいますが、OSX は外付けHDDを認識しているわけで、
なぜ出来ないのか?と。

結論を言えば、する方法が(やっと)見つかりました。

Parallels の "Virtual Machine" メニューの "Configure..." で、ダイアログを開き、[Options]タブ(?)を開いて、
左のリストから "Shared Folders" を選んで、"Share these Mac folders: " を "All disks" に設定します。
(あ、私のは英語版なので、日本語版の人は適宜読み替えて下さい)
そして[OK]。
OSX 用の外付けHDD(名前をEXT_HDDとする)を接続して Parallels を立ち上げ、Windows on Parallels
が起動したら、WIndows用のUSB外付けHDDを接続。

しかるのちに、Windows デスクトップ上にある Parallels Shared filderフォルダをクリックし、”Host"のアイコン
をクリック。この”Host"は、OSX の起動ディスクのrootディレクトリを指してます。
そしてこの"Host"から、Host\Volumes\EXT_HDD と辿ると、OSXが認識中のEXT_HDD の中身が見える。
Windows 用の外付けHDDはもちろん Windows から認識可能なので、めでたく二つの外付けHDDに同時に
アクセスできる、というわけです。

あぁ長かった!(^^;
スポンサーサイト

鳩山辞任

こまち(K)「そうか。はめられたわ・・・
しー太(S)「なにが。
K「これは計画的失脚よ。
S「?
K「沖縄から米軍基地を出すなんて半年で出来ないなんてこと、考えてみれば当たり前。はじめからわかってたってことよ。それでも・・・
S「民主党としてはやりもしないで“ムリです”とは言えないよな。
K「そう。だから鳩山にやらせたの。で、目論見通りルーピーな立ち振る舞いで基地の話はぐるっと回って沖縄のままよ。
S「そこで今回の件か? 鳩山が『この腹かっさばいてお詫びいたします』みたいな。
K「辞任すれば、ついでにあの秘書問題もみそぎが済むの。小沢も鳩山と一緒ならコワくないんだわ。沖縄へも”鳩山は責任をとって辞めましたごめんなさい”と言っておけばひとまずメンツは立つとも言える。
S「民主党の名前についた傷は結局『なんで鳩山なんかを党首にした』ということだけか。
K「そう・・・・・・恐ろしく計画的だわ。こんなことを考えられるのは・・・ヤツしかいないわね。
S「だ・・・だれ?
K「ちょっと耳貸s ☆ダーーーン… (バッタリ)
S「お、おいっ…しっかりしろっ! だ、だれk ☆バキューーン …ぐ・・・ぐっ (ばたっ)
K「(はぁっはぁっ)…しー太ぁ… あああごめん、ごめんなさい。あんな話しなければ… グハッ あぁ…(パタリ)

ああ恐ろしい… :-)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。