スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thunderbird3.* でスレッドをつなぎ替える

メールソフトのThunderbird(サンダーバード、雷鳥)。
まぁまぁの使用感です。やっぱりちょっと動作がモッタリしてる・・・のはPCが古いせいも
あるのですけれど。

それはともかくスレッドのつなぎ替えが、相変わらず手軽に出来ないのはどうしたものか。
今わかっている最も簡単な方法は以下:

1.つなぎ先のメールの Message-ID: をコピーしておく。
2.該当メッセージをファイルメニュー→名前をつけて保存→ファイル(Ctrl+S)で.elmファイルに落とす。
3.該当メッセージをテキストエディタで開く。(拡張子が.emlなので、強制で開けるエディタが必要)
4.中身はテキストデータなので、ヘッダに(どこでも良い。1行目でも良い)1.でコピーしたIDで
  References: ヘッダを追加する。
5..emlファイルを保存。
6.つなぎ先の1.のメールのあるフォルダを閉じておく。(わざと違うフォルダをクリック)
7.5.で保存した.emlファイルを、つなぎ先の1.のメールのあるフォルダへドラッグ&ドロップする。

これでイケてるはずです、大抵は。手順6.を省略してうまく行く時も多々。

ところが、この手順通りにやっても何かの弾みで繋がらないこともあるんです。
「むぅ!」と思ってインデックスの更新とかいろいろやっているうちに「おや?つながった・・・」とか(^^;
挙動が良くわからない部分があります。
スポンサーサイト

乳歯の抜歯

乳歯がグラグラになったとき、糸を結んでエイヤッと抜くのはよくあることだと思いますが、
歯の間が狭くて糸が入らない場合はどうするか?

うちの子は縫い糸が入らなかったのでデンタルフロスを結んでエイヤッとやりました。
まぁ、ブランブランになれば隙間どころが歯があらぬ方向を向くので木綿糸でもなんでも結びやすいですけれど。
コレもあり、ってことで。

メールソフトの変更~SylpheedからThunderbird3.0へ

サンダーバードが速くなって串刺し検索も出来るようになったという話を聞いたので、
Sylpheed から Thunderbird3.0 へ乗り換えてみた。
使い心地は別にして、pop運用の場合の移行の覚え書き。imapなら移行も何もないだろう、なので。

≪メールデータ≫
+方法1
 Sylpheedのファイルメニューの「mboxファイルにエクスポート」を使いデータを
 書き出す。出来たファイルを Thunderbird3.0 のメールデータのフォルダへ放り込み、
 Thunderbird3.0 を再起動する。
 Thunderbird3.0 のメールデータフォルダはXPの場合、システムフォルダや隠しフォルダも
 エクスプローラから見られるようにしておいて、ユーザプロファイルフォルダ以下の、
 Application Data\Thunderbird\Profiles\______.default\Mail(下線部は謎の文字列)に
 アカウント名のままのフォルダがある。

+方法2
 Sylpheed のメールデータフォルダを開く。ユーザプロファイルフォルダ以下の、
 C:\Documents and Settings\yasushi.sugita.MOST\Application Data\Sylpheed\Mailboxes
 の中にアカウント名のフォルダがあり、その中にメールフォルダ名のフォルダがある。
 このフォルダの中に、メールデータが数字の通し番号のファイル名で1ファイル/1通で
 保存されている。
 このファイル名(拡張子なし)に拡張子“.eml”を付加するとeml形式のメールデータファ
 イルとなり、これはThunderbird3.0 のメールフォルダペインまたはメール一覧ペインへ
 D&Dできる。
 拡張子.eml の追加は手作業なりバッチファイルなりで。ファイル多数の場合はエクセルで
 コマンド羅列を作成してバッチファイルへ落としこむと良いだろう。

≪アドレス帳≫
+いまのところ、効率的に移行する方法は発見されてない。xmlファイルからデータを抽出して
 vCard形式やcsv形式に書き換える方法しか思いつかない。うむむ。

いじゃう



[追記]
≪設定編≫
+テキスト送信にこだわると、72文字での自動改行をOFFに出来ない件。
 HTMLをとことん嫌って設定すると72文字で入る自動改行をOFFにできなくなる。
 HTMLメールの送信を許可して(テキスト+HTML両方送れるでOK)フォントの設定を
 等幅フォントにするのが良さそう。(ツール→オプション→編集→一般→HTMLのフォント(N)の指定)
 落とし穴があるかも知れないが、とにかく72文字自動改行はなくすことが出来た。
 72文字自動改行の設定は、ツール→オプション→詳細→設定エディタ(C)で、editor.htmlWrapColumn の値
 で制御出来る。自動改行OFFの場合はゼロにする。

[追記2]
+[追記]の自動改行の禁止は不完全で、送信時にワードラップされてしまう。
 この送信時ワードラップを解除するには、
 mail.compose.wrap_to_window_width を true
 mail.wrap_long_lines を false
 に変更する必要がある。
 おせっかいだなぁ、もう! >Thunderbird

[追記3]
+プレーンテキスト形式でワードラップを解除するスイッチがわかりました。
  mailnews.wraplength を ゼロ
 にするんです。わかりづらすぎるっ!
 参考(ありがとうございます): → kamuycikap
 ただ、さっきわかったばかりで使い込んでいませんので、完全にOKなのか、上記の他スイッチとの関連が
 どうなのか、は不明です。

凍頂烏龍茶梅

お茶屋の ルピシア の商品に 凍頂烏龍茶梅 がある。
食べた感じは梅の実を烏龍茶シロップに漬け込んだようなもので、甘酸っぱさが美味しいお茶請けだ。

先日うちで、忘れ去られていたこれが発掘されたところ、子どもがたいへん気に入ってしまった。
曰く「クリスマスプレゼントにこれが欲しい」と・・・・・・本当にこれでいいのかキミ?!
確かに美味しいが。

うーん…こうなると逆に悩む。
(^^;

Google日本と入力forMac

Mac版をインストールしてみて、これも変換は調子良かったのですが、
辞書を移行してみようと思ったら、ことえりからのインポートが無い。
MS-IMEからのインポート(から、と言っても一旦テキスト形式に変換させられるのでしょうが)だけ。
ことえりからMS-IME形式へエクスポート出来たんでしたっけ?

・・・とまぁ、ことえりからのインポートメニューが無いとわかった時点でめげて試しておりません。
ああ、腰が重い(^^;;

日産リーフ

ひょんなことで日産リーフのスペックや談話などをちょいと読みました。
その中に、
http://corism.221616.com/articles/0000097788/
日産では「世界中のドライバーの70%以上が、日常の運転距離は160kmの範囲内である」とのリサーチ結果を基に、十分な性能であることを強調する。また電気コンセントは世界中にあり、200Vの家庭充電でも満充電まで8時間で出来るとも説明する。コンセントによる充電施設なら、専用の急速充電器よりもカンタンに普及出来そうだ。それならばロードサイドのレストランやコンビニ、ショッピングセンターといった場所での簡易的な充電施設も考えられる。

というのがありました。
当然、充電施設が充実するまでは自宅充電で凌ぐということも想定していると思います。
でも、マンション住まいだと駐車場から自宅コンセントまでは洒落にならないほど遠い。

やっぱり「充電スタンド」が充実するまではちょっと手が出せないかなぁ。

『Google日本語入力』良いです

Googleが日本語入力システム(IME)を発表しました。
その名も Google日本語入力 。
まだベータ版ということですが、いまそれを使って入力してます。
なかなか使えますよ。
ただ、私の愛用していたキーアサインのうち、「半角英数直接入力にする(日本語変換機能を使わない)」と「ひらがな入力にする(日本語変換機能を使う)」の機能が、キーアサインできない様子なのが惜しいです。

それ以外はATOKに迫る勢い・・・・・・と言っておきましょう、責任は持ちませんが :-)
MS-IMEよりは使いやすそうです。

ま、使い込んでいくと不満点が出てくるのがこの手のツールの常なんですけれどね。お手並み拝見です>Google

ETC通過速度抑制

既に東名高速道路なんか20kmに制限されてますが、ETCってのは料金所通過の混雑を緩和するための策です、なんてのは建前で、料金所人件費削減策ありきでしたマル、という本音が丸見えでおかしいです。

本当にETCで減速させられるのが腹立たしい。
環境にも良くないし B-p

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。